高度なインプラント治療

他医院で治療を断られた方へ

他医院で治療を断られた方へ

患者様の中には、インプラント治療を行なうことが難しい場合もあります。

その原因としては、「顎の骨が薄くインプラントをしっかりと固定できない」、「インプラントを埋め込むためのスペースがない」、「歯並びが悪くインプラントが適していない」などといったことが挙げられます。

このような理由から「インプラント治療はできない」と他医院で断られた方もいらっしゃるかと思いますが、どうか諦めずに当院に一度ご相談ください。

難症例への対応

顎の骨が薄い・量が足りないといった患者様でも、「骨を増やす処置」を行なうことによってインプラント治療が可能になる場合があります。
「骨を増やす処置」は歯科医師に高い技術が求められますが、当院では、患者様の状態にあわせて、骨を増やす処置とともにインプラント治療を行なうことが可能です。

また、インプラントを埋め込む適切なスペースがない場合や、歯並びが悪くてインプラントができない場合でも、お口全体と将来を見据えた矯正治療を行なったうえでのインプラント治療をご提供することができます。

GBR

顎の骨の厚みが十分にない患者様の場合、インプラントを埋め込んでもインプラントが骨から露出してしまい、しっかりと固定することができない可能性があります。
GBRはこのような場合に、骨が薄い部位に生体に近い素材の人工の膜(メンブレン)を被せることで、骨の再生を促進する処置方法です。

Step1 Step1

骨を増やしたい部分の歯肉を切開し、顆粒状にした患者様自身の骨や人工骨を充填します。

Step2 Step2

メンブレンで覆って歯肉を縫合します。メンブレンは、再生スピードの速い歯肉が骨側に浸食するのを防ぎ、骨の再生を促します。

Step3 Step3

個人差はありますが、3~6ヵ月ほどで骨がつくられます。
骨の再生させた後にインプラントを埋め込みます。増やす骨の量が少ない場合は、インプラントを埋め込むのと同時にGBRを行なうことがあります。

サイナスリフト

上顎の奥歯部位の骨が薄くてインプラントを埋め込むことができない場合に、垂直的に骨を増やす処置の一つです。

Step1 Step1

上顎の歯肉を頬側から切開し、骨に四角い穴をあけます。

Step2 Step2

そこから上顎洞底部の粘膜を持ち上げてスペースをつくります。

Step3 Step3

できたスペースに人工骨を移植することで骨を増やします。

ソケットリフト

サイナスリフトと同じく、上顎の奥歯部位の骨が薄い場合に、骨を増やす方法の一つです。
骨が薄いが5mm以上はあり、骨を増やす範囲が比較的少ない場合に行ないます。サイナスリフトよりも体への負担が少なくて済みます。

Step1 Step1

インプラントを埋め込む方向から顎の骨に穴をあけます。

Step2 Step2

穴から上顎の奥歯の上に存在する上顎洞の粘膜を持ち上げてスペースをつくります。

Step3 Step3

できたスペースに人工骨を移植します。

五香ピース歯科医院でインプラント治療をご検討の方は、こちらまでお問い合わせください。皆さまの疑問・質問にもお答えしていますのでお気軽にご相談ください。

  • お電話でのお問い合わせはこちら047-369-7809
  • メールでのお問い合わせはこちら

インプラント案内

  • インプラントとは
  • 当院こだわりのインプラント
  • インプラントの注意点
  • インプラントの治療はこういった方にお勧め
  • 高度なインプラント治療
  • メンテナンス
  • インプラントQ&A
  • インプラント症例
  • 患者様の声
ページTOPへ

Copyright © 松戸市のインプラント 五香ピース歯科医院 インプラント治療サイト All Rights Reserved.